myHMBを服用することで、体を動かす筋肉が必要とする物質を確実に届けることができます。HMBは科学的にはβヒドロキシβメチルメチルブチレートとして知られており、必須アミノ酸ロイシンが代謝される時に、体内で自然に生産されます。ロイシンは事実上すべてのタンパク質に含まれています。私たちは大豆、牛肉、アルファルファ、魚などの食品からタンパク質を毎日摂取していますが、タンパク質にもロイシンが豊富に含まれるものとそうではないものがあります。しかし、HMBの有効量を獲得するのに十分な量のタンパク質を、サプリメントや健康的な食事だけで摂取することは、不可能ではないにしろ、大変難しいことです。myHMBを服用することで、HMBの筋肉の生産能力を直接手に入れることができまる。これは健康にとって大変なメリットがあります。

HMBのメリット

アスリート、高齢者、活動的な毎日を過ごしている人、そして病気や怪我からの回復期にある人が、さまざまな外的ストレス要因にさらされる筋肉の健康を改善するために、非常に効果的なサプリメントとして何十年もHMBを服用してきました。実際にHMBの良いところは、激しい運動や怪我などのストレス要因が身体に入った時に最高のパフォーマンスを発揮することです。

MyHMBは次の効能が臨床的にも示されています:

hex

HMBの主な仕組み

タンパク質の合成

タンパク質の分解

筋肉量は筋タンパク質の分解値と筋タンパク質の合成値の合計です。HMBは筋タンパク質の分解を軽減させると同時に、筋タンパク質の合成を増幅させます。実際にHMBの良いところは、ストレス要因が身体に入った時に最高のパフォーマンスを発揮することです。

HMBは、ユビキチンプロテアソームタンパク質分解経路(筋肉におけるタンパク質分解の主要な酵素経路)を介してタンパク質の分解を阻害することによって、タンパク質の分解を軽減させます。これにより、筋肉の損失が軽減されます。

HMBは、mTOR/p70S6k 経路を含む複数の仕組みを介して筋タンパク質の合成を刺激します。筋原線維タンパク質合成の開始は複数の因子の影響を受けますが、mTORは筋原線維タンパク質合成の直接的な増加をもたらす重要な調節因子です。筋原線維タンパク質は、筋肉を収縮させるとともに、筋肉収縮の強さに関与します。HMBは、mTORのリン酸化を増加させ、筋肉におけるmTORシグナル伝達経路を活性化することが分かっています。続いてmTORは、筋肉におけるタンパク質合成の開始の刺激剤になります。 

これらの効果の多くはロイシンと共有されるものですが、HMBは筋力の増強においてロイシンよりも強力であり、最近の調査ではロイシンのHMBへの変換がこのタンパク質合成の増加に必要であることが分かっています。

Girón他(2016年)

HMBはどのように比較されますか?

HMBのメリットを活かすには、HMBを服用することが必要です。

必須アミノ酸ロイシンの代謝中にHMBが体内で自然に生成されるのは事実ですが、食事で摂取されるロイシンの5%のみしか体内でHMBに変換されません。そうすると理論的には、HMBの有効量を摂取するためには、60gのロイシンまたは約600gの質の良いタンパク質を摂取する必要があります。この量のタンパク質またはロイシンを直接摂取することは、不可能ではないにしろ、大変難しいことです。

簡単な解決策:全身の筋肉の健康を維持、改善するために、効果的な量のHMB(毎日3g)を毎日服用します。

600gのタンパク質 =

60gのロイシン =

3gのHMB

規制と安全に関する情報

HMBに関して言えば、安全性に関する調査は、メリットの発見に関する調査とほぼ同じくらいに驚異的な数があります。HMBに関する多くの調査には、安全性データの広範な測定が含まれています。

Journal of Nutritionに掲載されたある調査では、9つの異なる臨床研究における被験者の健康に関する幅広いアンケート、血液分析、感情の変化についての概要が記されています。この調査結果として、HMBの服用が安全であり、老若男女ともに悪影響を及ぼさないことが分かりました。

さらに、ヒトの推奨用量の10倍を超える用量を用いた広範な毒性試験でも特に臨床所見を示さず、HMBの服用に有害効果が無いことが分かりました。 

臨床研究

HMBは、その研究の多さで他のサプリメントとは一線を画しています。研究結果から、HMBがエクササイズプログラムの成果を改善することだけでなく、副作用が無く安全であることも分かっています。実際に、HMBの安全性に関する研究は、筋力とパフォーマンスの向上へのHMBの効能に関する研究と同様に広範に行なわれてきました。過去20年の間に、50以上のヒト臨床試験、40のレビュー論文、および3つのメタアナリシスが科学界の代表的存在である査読論文として出版されました。

よく有るご質問

HMBとは何ですか?

HMBβヒドロキシβメチルメチルブチレートの略であり、必須アミノ酸ロイシンが代謝される時に、体内で自然に生産されます。ロイシンは食物連鎖の一部に含まれています。私たちは大豆、牛肉、アルファルファ、魚などの食品から毎日摂取しています。

HMBはどのように機能しますか?

HMBは筋タンパク質の増加を2つの方法で助けます:

  • 激しいトレーニングの際に、タンパク質の分解を軽減します。
    • HMBは、ユビキチンプロテアソームタンパク質分解経路を減少させることによってタンパク質の分解を阻害します。
  • 筋力増強のためにタンパク質の合成を増加させます。
    • 数々の調査により、HMBmTOR経路を含む複数の仕組みを介してタンパク質の合成を刺激することが分かりました。
HMBの効果が現れるのにどれくらい時間がかかりますか?

調査によると、筋力の測定可能な増加およびオーバートレーニングの予防は数週間で効果が現れます。友人や同僚にも気付かれるような結果が現れるのは、34週間かかると思われます。

HMBはどのように科学的証明を重ねているのですか?

有名大学の専門家達は、20年以上にわたり、動物実験やヒト臨床試験でHMBの研究を行ってきました。これらの研究では、HMBの服用により、激しいトレーニング後により速く回復できることを含め、多くの有益な効果が確認されました。HMB臨床試験のリストは増え続けています。現在約50件のヒト臨床試験、40件のレビュー記事、3件のメタアナリシスが査読論文として発表されており、さらにHMBに関する継続的な研究が行われています。

HMBと一緒に服用すべき筋肉用補助食品や栄養補助食品はありますか?

研究により、HMBはクレアチンと組み合わせることで、HMBまたはクレアチンそれぞれ単独で服用するよりも大きな効能があることが分かりました。特に激しいトレーニングを行なっている場合は、体重1ポンド(約450g)あたり約1gのタンパク質摂取量を含むバランスの取れた食事とHMBを組み合わせて使用する必要があります。食事のバランスが取れていない、またはタンパク質の摂取量が少ない場合、HMBは適切な量のビタミン、ミネラル、タンパク質、またはエネルギーサプリメントと組み合わせてバランスを取る必要があります。

HMBに副作用はありますか?

HMBの安全性を具体的に評価する広範な臨床研究が行われていますが、老若男女を問わず、いずれも副作用は記録されていません。9つの臨床試験において測定されたHMBの血液、情緒の変化、副作用に対するHMBの影響は、コレステロール(7%低下)および血圧(4.4mm Hgの低下)に対してのみプラスの結果を示しました。

どんな効能が期待できますか?

臨床試験では、HMB服用被験者は対照被験者と比較して、一貫した筋力の改善、筋肉の損傷の軽減、運動による体組成改善が見られました。調査はまた、HMBを服用することで、ランナー、サイクリスト、および他の持久力トレーニングを行なう人にメリットがあることを示唆しています。

HMBは体内でどのように機能するのですか?

HMBはトレーニングの成果を向上させる上で重要な役割を果たします。HMBは、タンパク質の分解を軽減させ、タンパク質の合成を増加させることによって体内の筋タンパク質を増加させるのを助けます。これらの効果は、筋力の増加、持久力の向上、エクササイズ/運動後の回復を助けることが分かっています。

推奨服用量はどのくらいですか?

推奨服用量は、標準的な体格の人で13gです。服用量を「カスタマイズ」する場合は、毎日体重1kgあたり38mgが最適であることが研究によって示されています。

HMBを服用するメリットがあるのはどんな人ですか?

研究によりHMBの服用補給は事実上すべての人に、特にエクササイズやトレーニングを行なう人にメリットがあることが分かっています。

HMBは女性にも効きますか?

はい。公表された研究結果によると、HMBの服用しながらエクササイズを行なった女性に筋力の増強と体組成の改善が見られました。

HMBを服用してはいけない人はどんな人ですか?

妊娠中または授乳中の女性は、これらの集団に対する安全性の試験がまだ実施されていないため、HMBを服用しないようにお勧めします。また持病のある方、思春期の未成年者が他の栄養補助食品と一緒に服用する場合は、HMBを使用する前に医師に相談してください。